相続税など相続相談するなら

相続税の申告は、これから相続する方にとって頭の痛い問題になっています。相続税を申告する場合には、一般的な税金と違って自分で計算して算出する必要があります。自分が相続した土地など、不動産の価格を計算した上で申告しなければいけないのですが、相続税は、計算を間違えてしまって規定よりも少なく申告してしまうと財産の申告漏れとして追加徴税を課せられてしまう事になります。追加徴税のタイミングも申告してからすぐではなく2年以上も後になってからされる場合などもありますので、お金がなく支払う事ができないような場合もあります。

相続税逆に相続税を多く支払ってしまっている場合には、税務署から過剰分を返却されるかと思われるかもしれませんが、税務署から動いて返却するという事はなく、自分から返却手続きを取らなければいけなくなってしまいます。追加徴税が行われるのは過少申告だけでなく、そもそも申告していない、申告をしてもわざと少なめに申告した物までさまざまです。

このような申告のトラブルは、何も自分が行った時に起こるものではなく、税理士に依頼した場合でも起こりうることです。税理士の中にはいろいろなタイプがいますので、中には相続税の申告を得意としていない方もいらっしゃいます。相続相談する場合には、相続税に強い税理士に依頼する必要があるのです。こちらのページでは、これから相続税の申告を行おうと思っている方に、必要となる情報をまとめてご紹介します。